茨城県の社会人野球のチームは?

茨城県の社会人野球チームは?

 

茨城県の社会人野球は?

 

茨城県にある社会人野球のチームは、実業団が4チームという状況です。

 

その中でも強豪なのが日立製作所新日鉄住金鹿島です。

 

 

特に日立製作所は都市対抗野球に多く出ており、茨城県の中でも古豪、そして社会人野球の中でも輝かしい成績を残しているだけでなく多くのプロ野球選手を輩出しています。

 

その創部は1916年で、2016年に100周年を迎え、近年では元プロ野球選手を招聘するなど、レベルアップに余念がありません。

 

その日立製作所と対峙するのが新日鉄住金鹿島です。2010年、2011年と都市対抗野球でベスト4になるなど、茨城県内で最も勢いのあるチームといえます。

 

創部は1975年と日立製作所に比べて60年遅いですが、都市対抗野球の出場回数は40年で15回とまずまずの回数です。元々は住友金属鹿島でしたが、親会社が合併したことで2012年から新日鉄の名前も加えて野球をすることになっている状態です。

 

この2つが北関東の実業団野球を引っ張っています。.

 

日立製作所や新日鉄住金鹿島以外では日立ウェルネススポーツ大学も都市対抗野球の北関東大会に駒を進めるなど躍進を見せています。他にもJR水戸も北関東大会に進出を果たしており、茨城県の社会人野球は2つの古豪を2つの新興勢力が追いかける構図となっており、ますます目が離せません。

 

 

 

茨城県のクラブチームは?

 

クラブ登録しているところは8チーム活動しています。

 

全チーム名は

 

1.大宮クラブ 
2.全鹿嶋野球クラブ 
3.全神栖硬式野球部クラブ 
4.全水戸野球クラブ 
5 オール日立ドリームズ 
6.鹿島レインボーズ
7.茨城ゴールデンゴールズ 
8.Tsukuba Club

 

 

 

特に茨城ゴールデンゴールズは日本選手権に出場を果たすなどクラブチームの強豪もいます。

 

こうしたクラブの存在も社会人野球にとって見れば刺激となり、クラブには絶対に負けないという気概を生み出しています。

 

クラブではゴールデンゴールズ以外にも強豪といえるクラブが揃っており、都市対抗野球茨城県大会は白熱した試合が予選の段階から見ることができます。茨城県勢初の都市対抗野球優勝を目指し、県内の球団が切磋琢磨して上を目指していく流れがあり、目が離せない状況といえます。


首都圏少年野球情報 東京の人気ダイエットジム